カールハンセン&サン(CARL HANSEN&SON) ベビーチェアの評価
カールハンセン&サン

大好き投票 価格帯
0 ハイブランド 70000~100000円

ブランドの商品情報を知りたい方は下にある「販売アイテム」をタップしてください。

ブランド評価

ユーザの皆様からの評価によってカールハンセン&サンのに対する評価を算出しています。
カールハンセン&サンが一般的にどのように見られているか、その評価の参考にしてください。

知名度 セレブ感 ギフト おしゃれ感 コスパ 品質・機能
63 98 50 78 18 73

総合評価:63

星 星 星 星 星


みんなの『好き』とコメント

あなたのカールハンセン&サンへの大好き投票とコメントが投稿できます。 今までのカールハンセン&サンに対する思い出や熱い想い入れ、自分との関わりや素晴らしさ、ショップでの体験、いいことも悪いことも何でも書いてみましょう。
書き込みがあまりにも不適切と感じられる場合は削除させて戴くこともございますが、ご了承ください。



月間アクセス数推移

直近1年の月間アクセス数の推移をグラフで表しています。 注目度のバロメータにはなりますが、あくまで当サイト上のブランドアクセス数になりますので偏りは発生しています。

今月:11(第7位)



カールハンセン&サンのブランド紹介

世界的な北欧家具ブランドに名作ベビーチェアあり

Yチェア
 
家具好きの方なら名前は聞いたことがあるのではないでしょうか。
CARL HANSEN&SON(カールハンセン&サン)というのは、デンマークのインテリア業界ではトップブランドで世界的に見ても、日本でもとても人気のある高級家具ブランドとして有名です。

アメリカ大統領選のテレビ討議会でも使われたほどの伝説となったザ・チェアや誰もが一度は目にしたことがあるのではないというほど世の中に浸透しているYチェアといった世界的な名作チェアと呼ばれるイスを数多く生みだしたデザイナー ハンス・J・ウェグナーとも深い関係のあるブランド。
他にもコーア・クリント、アルネ・ヤコブセン、ホーエ・モーエンセン、オーレ・ヴァンシャーといった北欧デザインの始祖ともいえるような伝説的デザイナーの家具を多く取り扱っています。

100年以上に渡り、高い技術とクラフトマンシップを継承してきており、最高級の素材を使った美しいデザイン家具というのは芸術の粋に達しているほどです。
では、そんなカールハンセン&サンで子供用のイスというのはあるのでしょうか?



北欧を代表するベビーチェアND54 ナナ・ディッツェル

ND54
 
すでに60年以上も前にデザインされた世界的な名作子供イスND54。
ナナ・ディッツェルがデザインした北欧を代表するチェアとして、今でも時を超えて世界中で愛され続けています。

ナナ・ディッツェルのデザインとして有名になっていますが、実は夫のヨルゲン・ディッツェルとの共同デザインでナナとヨルゲン夫妻の下に生まれた双子の子供をモデルとして、これぞ機能美と思わせる圧倒的なプロポーションを完成させました。

ND54ダイニングイメージ
 
1954年にデザインされ、1955年のデンマーク工芸展で発表されたチェアですが、イメージは自宅のダイニングで使用できる子供用チェア。
ナナ・ディッツェルは、とても有名なデザイナーであり、数多くの名作家具を世に送り出していますし、他にも子供用家具を発表していますが最も有名なのはこのND54です。

無垢のビーチ材で製作され、取り外しの出来るサドルレザーのベルトが装着されています。
足置き用のステップは3段階で調節可能になっていて、大体4~5歳くらいまで使用可能になっています。

ND54バックレスト
 
よくある大人になっても使えるというタイプのイスではありませんので注意が必要です。
また、バックレストも別売りになっていて、バックレストだけでも一般的な高級ベビーチェアくらいの価格になっているので、オンラインで購入する場合は間違ってバックレストだけ購入しないようにしましょう。


実用性を考えると正直なところ、テーブルが取り付けられたり、座面の高さを調節できるようなチェアの方が良いと言えます。
ただ、カールハンセン&サンという圧倒的なブランド力とインテリアとの調和を考えてセレブリティの方が購入されるようなベビーチェアではないでしょうか。


↓↓今売れてるベビーチェアはこちらから↓↓



このブランドを見た人はこんなブランドも見ています


この記事を監修しているのは?

キッズ・ベビー担当部門

有名ベビー向けショップ店員、2歳~小学生までの子供を持つママなどリアルな情報を届けられるメンバーで編成。 最新のトレンドや情報を発信できるように常に新しいメンバーによる活性化を図りながら日々奮闘しています。