PIGALLE ピガール
PIGALLE

ブランドの商品情報を知りたい方は下にある「販売アイテム」をタップしてください。


販売アイテムの紹介

現在販売可能なアイテムはありません。



ブランド評価

ユーザの皆様からの評価によってブランド評価を算出しています。
ブランドが一般的にどのように見られているか、その評価の参考にしてください。


ブランド力 セレブ感 コスパ デザイン 品質 独創性
57 67 62 83 77 87

総合評価:72

星 星 星 星 星



みんなの『好み』とコメント

ピガールが好き?嫌い?
投票ボタンを押せばあなたの気持ちがすぐに反映されます。ピガールをみんながどう思っているのか『好き』『嫌い』の数から知ることができます。
連続で投票することは出来ませんのでご注意ください。


あなたのピガールへの想いとコメントが投稿できます。 今までのピガールに対する思い出や熱い想い入れ、自分との関わりや素晴らしさ、ショップでの体験、いいことも悪いことも何でも書いてみましょう。
書き込みがあまりにも不適切と感じられる場合は削除させて戴くこともございますが、ご了承ください。

今の気持ちを表現:




月間アクセス数推移

直近1年の月間アクセス数の推移をグラフで表しています。 注目度のバロメータにはなりますが、あくまで当サイト上のブランドアクセス数になりますので偏りは発生しています。

今月:110(第83位)



ピガール Overview

ファッションと芸術の街に生まれたストリートの産声

パリのエスプリ漂うラグジュアリーストリートブランド
 
時代の本流にあるラグジュアリーストリートブランドですが、ラグストと言っても実はその国によって少しずつ違いがあります。

フランスの場合は、ラグストの基礎となる部分を築き上げた感のあるRICK OWENS(リックオウエンス)バレンシアガのクリエイティブ・ディレクターも務めるデムナ・ヴァザリア率いる新星ヴェトモンなどがありますが、やはりパリ発のラグジュアリーストリートというとPIGALLE(ピガール)は外せません。

オフホワイトフィアオブゴッド、ヴェトモン、パームエンジェルスヘロンプレストンなど今をときめくラグストブランドは2015年前後にスタートしており、まだまだ歴史はとても浅いです。
そんな中でピガールは、2010年にスタートしているという点では、他のブランドに比べると一歩先を行っているようなイメージ。

もちろんラグジュアリーブランドは100年以上歴史があるようなブランドがたくさんあるので、大した差ではないのですが、トレンドの最中にあるムーブメントにおいてはこの数年の差というのはけっこう大きいのも事実。
伝統的なファッションの街パリでいち早くラグジュアリーストリートウェアを発信したステファン・アシュプールとピガールについて詳しく見ていきましょう。



オートクチュールのようなエレガントなスポーツウェアスタイル

ボックスロゴ
 
ピガールというとやはりイメージされるのは長方形に囲まれたボックスロゴ。
ボックスロゴの入ったTシャツやパーカーといった定番アイテムは、いかにもなストリート感がありますし、シュープリームなどのストリートブランドでも定番になっているデザイン。

ボックスロゴジャケット
 
日本でも3代目J Soul Brothersの登坂広臣など日本のファッションアイコンがピガールのボックスロゴアイテムを着用して一気に注目を集めることになりました。
海外でもエイサップロッキーやリアーナといったストリートファッション界の大物が着用したことで同様に人気となっています。


 
しかし、本来パリというのは伝統的なファッションブランドが多く、オートクチュールなどのメゾンが主流の街。
ストリートブランド自体も本場アメリカに比べると遥かに少なく、コテコテのストリートファッションよりもエレガントなスタイルをミックスしたフレンチストリートスタイルがピガールの本来の姿であり、魅力といえるでしょう。


 
実際ピガールのアイテムやコーディネートをよく見ると確かにストリートウェアではあるのですが、上質なカジュアルウェアという表現の方が似合います。
パリというカルチャーをしっかりと活かした伝統のオートクチュールとスポーツウェアを組み合わせる紡ぎだされる上質なウェアというのがピガールの特徴なのです。

素材に関してもリヨンのシルク、日本のジャージー生地、イタリアのニットなど厳選されたものを用い、フランスで生産されるというしっかりとしたこだわりによってスポーティーなウェアを内側からエレガントに仕上げているのです。



シャネルアトリエとも関係を持つ才能「ステファン・アシュプール」


 
PIGALLE(ピガール)はステファン・アシュプールが2010年にスタートしたブランドであり、実際には2008年にパリのピガール地区にオープンしたセレクトショップがその発祥。

ピガール地区というのは華やかなパリのイメージとは違い、いわゆる夜の街でパリの中でも治安が悪いとされるアンダーグラウンドな街ですが、ピガールで生まれたステファン・アシュプールからすると、ピガールのカルチャーや雰囲気全てがブランドPIGALLE(ピガール)のインスピレーションなのです。

両親はともにアーティストという一家でダンスウェアを作る父とダンサーの母、こうした環境で育ったステファンは幼いころから民族衣装などファッションに興味を持ち始め、独自の審美眼を養っていきました。
独学ではありますが、若者のファッションを観察し、様々な人の意見に耳を傾けることでスキルとセンスを磨いていったのです。

2002年には母親と一緒にクリエイティブエージェンシーVida9を設立し、リックオウエンスやガレスピュー、クリスチャン・ディオール、ナイキなどのショーを製作したことがファッション業界への第1歩でした。
ここから発展したのがリックオウエンスやガレスピューに加え、日本のフェノメノンなどを扱うセレクトショップのピガールであり、2年後にピガールというオリジナルブランドの歴史が始まったのです。


 
ピガールは順調に軌道に乗り、2015年にはいくつかの大きな節目がありました。 最も大きなニュースはフランス国が主催するANDAM(アートやファッションにおける発展支援団体)のファッション賞でグランプリを受賞したのです。

ANDAM(アンダム)アワードはシャネルやLVMHグループ、イヴサンローラン財団といったフランスを代表するファッション業界の重鎮が審査員として揃うとても大きなアワードで、このグランプリによってシャネルのファッション部門社長のメンタリングの権利まで獲得したのです。
これによってシャネルのアトリエがステファン・アシュプールの後ろ盾となっているのです。
さらにはeコマースの立ち上げや日本に国外初のフラッグシップストアを日本にオープンしたのです。

また、ステファン・アシュプールもラグジュアリーストリートブランドのファウンダーとしてはお決まりになっている「/(スラッシャー)」。
デザイナーであるだけでなく、Vida9の社長であり、セレクトショップのオーナーであり、さらにはパリでも有名なオーガナイザー集団「PAIN O CHOKOLAT(パンオショコラ)」を主宰していたりとマルチな活動を行っています。



世界に先駆けて日本に進出したジャパンLOVE


 
PIGALLE(ピガール)の日本への進出は世界の中でもかなり早く、2013年に渋谷でボックスロゴアイテムだけを扱うゲリラショップで日本上陸を果たしています。
そして2015年に世界3店舗目、アジアで初のフラッグシップストアが円山町にオープンしました。


 
円山町というのがピガールらしいウィットに富んだ立地になっていて、ラブホテルやバー、クラブなどが立ち並ぶ日本でも有数の歓楽街を選んだのは、ピガール地区もパリの中でも有名な歓楽街だったということがあるのでしょう。
ピガールでそうであったようにステファン・アシュプールは歓楽街では歴史、文化、建築といった様々なインスピレーションが生まれる場所としており、ピガールの雰囲気に似ていて居心地のよい円山町に決めていたそうです。

このピガール円山町は2019年にブランド初の試みとなるギャラリーへと業態を変更しています。
ブランドの希少性を高める目的として、常設物販をなくして新作発表やコラボレーション、アートや音楽、フードなどイベント時にオープンするという新スタイルへと移行しました。



ファッションの域を超えた粋なコラボレーション

ポーターとのコラボレーション
 
ピガールも当たり前のように他ブランドとのコラボレーションは積極的に行っています。
日本の吉田カバンのPORTER(ポーター)やカシオのG-SHOCK(ジーショック)、コンバース、変わり種ではアメリカのオーディオブランドBeats by Dr.Dre(ビーツバイドクタードレ)とヘッドフォンを開発しています。

そんなピガールのコラボレーションの中でも特筆すべきものを取り上げています。


コラボレーションの発展形はバスケットコート

デニス・ロッドマンのAir Shake Ndestrukt
 
コラボレーションとして最も有名なのはNIKE(ナイキ)とのコラボレーションです。
2014年からバスケットボールを中心に据えたコラボを行ってきており、リバウンド王デニス・ロッドマンのAir Shake Ndestruktをクールなロイヤルブルーの美しいカラーに染めたヌバックレザーとテクニカルテキスタイルのコンビネーションのシューズやコートでもストリートでも活躍できるアパレルウェアなど多数リリースしてきています。

NIKEコラボアパレル
 
最も注目すべきは2019年にパリに初めて作られたバスケットコートそのもの。
そもそも安全にバスケットをプレイする場所を作りたいという想いとコミュニティの発展を願い駐車場だった場所がバスケットコートに変わり、パリのバスケットボールプレーヤーの憩いの場所となったのです。

この取り組みはパリを飛び出し北京、メキシコシティへと拡大していきました。

NIKE(ナイキ)× PIGALLE(ピガール)のアイテム



色彩の魔術師の競演「ミッソーニ×ピガール」

色彩の魔術師の競演「ミッソーニ×ピガール」
 
ラグジュアリーブランドとストリートブランドのコラボレーションというのは近年ではトレンドになっていますが、MISSONI(ミッソーニ)というのはかなり珍しいコラボレーション。
過去にはコンバースとのコラボレーションがあったくらいで、ピガールのようなブランドとのコラボはかなり意外性がありました。

ミッソーニの高級仕様のニットウェアとバスケットボールジャージをベースにしたナイロンメッシュ素材を融合させ、三角形に切り取ったファブリックをパッチワーク状に構成したアイテムはアートのような芸術性を持ちつつ、スポーティー。
多彩な色彩感覚を持つ2つの感性によって抜群のアイテムを発表しています。

MISSONI(ミッソーニ)× PIGALLE(ピガール)のアイテム



ファッションと芸術の街パリを発祥とするラグジュアリーストリートブランドPIGALLE(ピガール)。
キャッチーなボックスロゴアイテムもいいですし、伝統的なオートクチュールの空気感を感じられるエレガントなスポーツウェアという他では感じられないピガールの煌めきは一度体験してみると病みつきになります。



この記事を監修しているのは?

ラグジュアリーブランド・ハイファッション調査部門

ラグジュアリーブランドやハイブランドでの勤務経験者、雑誌編集者、とにかくラグジュアリーブランドやハイブランドが好きなメンバーで編成。
好みや主観が入ったり、否定的な意見が存在するのは、ハイブランド.comの味であり、外部からの影響から独立しているからこそ出来ること。
世の中のトレンドや流れを敏感に察知し、常に新しい情報を発信出来るように奮闘しています。



このブランドを見た人はこんなブランドも見ています


中古・古着でピガールを格安購入

1ベクトルパーク Vector Park
ハイブランドからカジュアルブランドまで50万点以上のアイテムと毎日3000点以上の新アイテム追加。圧倒的な商品数と定価よりも90%以上の安さは見逃せない!中古、古着と敬遠せずに一度チェックすることをおすすめします。
ベクトルパーク
ベクトルパークでピガールを探す

2セカンドストリート 2nd Street
取り扱い商品が100満点規模にも登る古着アイテムが常識外れの格安プライスで販売中!オンライン試着や店舗お取り寄せなど大手ならではの充実のサービスで安心・快適なショッピング体験を!
セカンドストリート
セカンドストリートでピガールを探す



販売アイテムの紹介

現在販売可能なアイテムはありません。



おすすめアイテムの紹介

【ナイキ】 ナイキ ラボ × ピガール バスケットボールショーツ 872896 650 【並行輸入品】
LES CAKES DE BERTRAND Le Sautoir Trianon Pigalle ネックレス
LES CAKES DE BERTRAND Le collier Antoinette Pigalle ネックレス


当サイトでは、Amazonアソシエイト・プログラムを使用して商品情報を取得しています。



検索