名作家具 Miss Blanche ミス・ブランチ
ショートカット:

※商品情報は販売可能商品がある場合のみページ遷移します。

商品を探す おすすめショップ カテゴリから探す

名作データシート

  • 作品名: Miss Blanche(ミス・ブランチ)
  • 発表時期:1988 年
  • デザイナー: Shiro Kuramata(倉俣 史朗)
  • ブランド: Ishimaru(イシマル)
  • 出典:http://plginrt-project.com/


(出典:http://plginrt-project.com/)



モダン家具最高値をつけた名作中の名作

ミス・ブランチという椅子はご存知の方が多いのではないでしょうか。
故・倉俣史朗の名作中の名作と称される作品で1988年の発売当初の価格がなんと200万円!
もともとコクヨでプロトタイプが作られ、その後イシマルで製品化されましたが、全て手作りだったため56脚しか生産されず、サザビーズなどの海外のオークションでは1000万以上の値がつき、ピーク時には5000万円を超えていたとも言われています。
そもそも脚数が56脚しかなく、そのうちの数脚はMoMA(ニューヨーク近代美術館)やヴィトラ・デザインミュージアム、サンフランシスコ近代美術館、パリ装飾美術館などの美術館に永久コレクションされており実際に取引されている数は56脚よりもかなり少ないはずです。
1脚は元サッカー日本代表の中田英寿が持っているそうで、他にもコレクションしている人は多そうです。

このミス・ブランチはテネシー・ウイリアムズの戯曲「欲望という名の電車」の女主人公ミス・ブランチ・デュボワが着ていたバラ模様の衣裳からインスピレーションを得たそうです。
この椅子は無職透明のアクリル樹脂にバラの造花が埋め込まれていて、ひとつひとつ丁寧にピンセットで造花を固定し、アクリル樹脂の中に固定するという作業は非常に手間ひまをかけたハンドメイドになります。
まるで空間の中にバラの花が浮遊しているような印象を受けますが、これこそがまさに倉俣史朗が目指している浮遊感・透明感というテーマを具現化していると思います。

また、家具をアート作品として扱うことを好まなかった倉俣は、椅子としての機能、「座る」ということもギリギリ可能なように配慮されています。

斬新な素材と新しい発想によって椅子という家具を芸術作品の域にまで高めてしまった名作アイテム。
海外での評価も非常に高く、持っていることがステータスであり、家宝ともなりえるような作品です。
海外オークションに参加して、ミス・ブランチを落札してその座り心地というものを体感してみたいものです。


この記事を監修しているのは?

高級家具・インテリアリサーチ部門

元建築家や現役インテリアコーディネーターや家具販売店員で編成。
国内外の高級家具やブランドなどを徹底的にリサーチし、定番からまだ見ぬブランドや家具を発掘しています。
世の中のトレンドや流れを敏感に察知し、常に新しい情報を発信出来るように奮闘しています。



倉俣 史朗の家具を取り扱う厳選ショップ

1YAMAGIWA ヤマギワ
オリジナル照明ブランドとして、そして世界の照明をセレクトするショップとして照明であれば右に出るものなし!
YAMAGIWAicon
YAMAGIWAで倉俣 史朗の家具を探すicon


コスパで選ぶ人気スタイル3トップ

モダン北欧アジアン
ARMONIA KAGU350 a.flat
デザイナーズ家具に負けない高いデザイン性とオリジナルだからこその圧倒的なコストパフォーマンス! 衝撃のMAX80%OFF!欲しかった北欧家具を手に入れるならKAGU350は外せない! モダンアジアンの雄としてアジアン家具の域を超えたファッショナブルなコーディネートであなたの部屋を劇的に変える!



Interior Brands



Interior Designers



Interior Shops