ディオールの歴史①「全てはクリスチャン・ディオールから」
Dior ディオール


ディオールの歴史①「全てはクリスチャン・ディオールから」

全てはクリスチャン・ディオールから始まった

ディオール一家
(出典:http://www.dior.com/)
ディオールというブランドは、クリスチャン・ディオールというデザイナーが築き上げたものだということは皆さんご存知だと思います。
しかし、ディオールの創設1946年で、クリスチャン・ディオールが死去したのが1957年なのでわずか12年の間に強烈な印象を残しこの世を去っていったことになるのです。

ディオールというブランドはクリスチャン・ディオールの死後、若き日のイヴ・サンローランや天才ジョン・ガリアーノといった数々の有名デザイナーによって支えられて今に至っています。

そんなディオールの歴史についてクリスチャン・ディオールの生い立ちから創業時代、そして現在に向けてどんな変遷を辿ったのか迫ってみます。



ディオールというブランドが出来るまで

ディオール修行時代
(出典:http://www.dior.com/)
クリスチャン・ディオールは1905年にイギリス・ノルマンディのグランビルの裕福な家庭に生まれました。兄と弟、2人に妹という5人兄弟の2番目の子供でした。
ディオールは、若い頃から控えめな性格で空想が大好きな少年でしたが、幼き頃からキラキラしたもの、細工の美しいもの、花模様のものなどに惹きつけられていましが、まだまだ自分が将来デザイナーになるなんて想像もしていなかったのです。

1920年代の成長期には一家はパリに引っ越し、当時流行っていたバッスル、コルセット、ペプラム・ジャケット、ダッチス・サテン、レース、リボンというのがディオールのファッションのイメージでしたが、モダニズムの台頭により、プリミティブアートやキュビズムの芸術、ル・コルビュジエの現代建築など芸術の街パリを歩く中で目に映る様々な芸術的光景がディオールの脳裏に焼き付いていきましたs

ディオールは父の言いつけを守り、パリ政治学院に進学しましたが、勉強よりも芸術活動に勤しむようになり現代美術を扱うギャラリーをオープンしています。
このオープンにあたっては、ディオール家の名前を出さないことを条件に父から出資を受けており、ディオールのアーティストとしての一面とビジネスマンとしての一面がこの頃から開花しつつあったのかもしれません。

しかし、ディオールの華々しいデザイナー人生とは裏腹に1930年代のディオールは大きな不幸と苦労を重ねています。
1930年の25歳の頃、弟と母を立て続けに亡くし、さらに大恐慌により父が破産、ディオールは裕福な暮らしから一転して無一文のホームレス状態にまでなってしまいました。 さらに結核をわずらい1年も療養に費やすことになります。

1938年にやっとパリに戻ってきたディオールはこの時に初めてファッションの世界に興味を向けることになります。スイス人クチュリエのロベール・ピゲにディオールのスケッチが認められ、第2次世界対戦が始まるまではピゲのオートクチュール・メゾンで働くことになりました。戦時中は1年の兵役につき、その後1942年にパリに戻り、ピエール・バルマンとともにリシュアン・ルロンのもとでアシスタント・デザイナーの職に就く事になります。

このときにともに働いていたピエール・バルマンは1945年には自身のメゾンを開き、輝かしいデビューを果たします。まだこの段階ではディオールは友人のバルマンの成功を喜びながらも自分自身はメゾンを開く自信がなくくすぶっている状態でした。
1946年にテキスタイル界の有力者マルセル・ブサックが新しいデザイナーを探しているという話を友人から聞いたのですが、なかなか行動に移さずにいたのですが、この友人に偶然にも3度も会ったことで信心深いディオールは神の導きと思いブサックと面接することにしたのです。

この面接でディオールは新しいファッションのトレンドや自分のメゾンについて熱く語るディオールを見たブサックは、全く無名のクリスチャン・ディオールというデザイナーのメゾン設立に600万フランを投資するという決断をしたのです。この時すでにディオールは41歳でこのブサックの投資はとても異例なことだったので、シンデレラストーリーともいえるこのニュースはまたたく間に世間に広まりました。
デビューする前からクリスチャン・ディオールというデザイナーは話題の人物となったのです。

そして、その後単なる話題の人物から世界中から羨望の眼差しを受けるほどその名前が知れ渡るまでそう時間はかかりませんでした。



クリスチャン・ディオール 鮮烈なデビュー

ディオール店舗
(出典:http://www.dior.com/)
クリスチャン・ディオールのデビューは1947年の2月です。
新しくオープンしたばかりのメゾン・クリスチャン・ディオールに人が詰めかけ、パリの街はちょっとした騒ぎになっていました。

オートクチュール界の重鎮レディ・ダイアナ・クーパーやハーバース・バザー誌の編集長カーメル・スノウなども続々と押しかけ、ハシゴを使って侵入しようとするものも現れるなどとにかく異様な光景でした。
そうした外の喧騒とは一転して中に入るとそこは金色の椅子やキラキラのシャンデリアなど19世紀の豪華な装飾が 施され、これまでのオートクチュール・コレクションにはない緊張感が漂い、そして観客たちはみな糸一本すら見逃すまいとして必死に身を乗り出し、コレクションに魅入ったのです。



世界の女性が待ち焦がれたコロールライン

コロールライン
(出典:http://www.dior.com/)
第2次世界対戦が終わり、世の女性達は贅沢に飢えている状態でした。
これまで抑圧されてきた贅沢への渇望がディオールのコレクションによって女性たちに与えられたことは天からの贈り物のようなものでした。

このコレクションは、床から35cmくらいのフルスカートで、ウエストはコルセットで細く細く締め付けられ、ヒップにはパッド、そして大きく丸く貼りだした胸元のラインは、パッドなしの肩のなだらかなラインと見事なコントラストをなし、この時代にパリで流行していた角ばったファッションを正面から否定し、女性らしいフェミニンなスタイルが復活した瞬間でした。
そしてコロールラインは、まさに贅沢の象徴、富の象徴としてたった一枚のドレスになんと41mものシルクが使われていたのです。

これまでのファッションの既成概念そのものを覆すかのようなスタイルは、非常に建築的なもので計算されつくされていました。
建築的と言われる所以は、ディオールのオートクチュールの服は最もシンプルなものでさえメイドに手伝ってもらわないと着れないほど構造が複雑でまさにドレスの中に骨組みが搭載されていたのです。
この建築的なファッションの意味するところというのは、スタイル以外にも着るために必要な生活水準をあわらしてもいました。
このディオールのこれまでとは全く新しいスタイルは「ニュールック」と言われ、世界中の女性を虜にするのですが、その魅力というのは構造的な硬いイメージではなく、その構造の上に作り上げられた丸く女性的な柔らかなシルエットなのです。見るものを惹きつける、そして着るものも惹きつける、そんな魔力がニュールックにはあったのです。

広がる花びらからインスピレーションを得たコロールは、生地がまるで滝が流れるかのようにふんだんに使用され、戦後に起こっていた物不足に真っ向から対抗するようなものでした。

コレクションは2時間程度でしたが、大成功を収め、サロンに入ってきたディオールは観客からスタンディング・オベーションで迎えらえるほどの熱狂ぶりでした。
ファッション界の重鎮でさえも、ファッションの革命と宣言してしまうほどとんでもないものだったのです。



人気を後押しするような批判的な意見

ニュールックのスカートは床にくっつきそうなほど長い丈で、シルクやウール、サテンといった高級素材をふんだんに使うスタイルです。
しかし、この時代というのは戦争終結後の物不足の時代、上流階級の女性たちが贅沢なニュールックを身にまとっている傍らではその日のミルクもあげられないような生活を送っている人も大勢いたのです。
そうした声を代表するかのようにフランスの新聞が怒りに満ちた否定的な報道をニュールックに浴びせたり、街角でモデルが主婦に襲われて服がビリビリに破られるなどの事件も起きました。
なんとこの時にはスカート丈の長さを監視する法制度まで検討されていたのほどなのです。

パリでの騒動も当然でしたが、アメリカでもディオールのニュールックは波紋を起こしていました。
アメリカでは女性の美しい脚線美を守るために膝下丈スカートを守るためのグループも発足し、ニュールックのロングスカートを履くことは愛国心への冒涜とまで言い始めたのです。
これまでの古いスタイルに固執し、頑なにスタイルを変えない女性も多くいましたが、数シーズンも経つ頃には「古いルック」を着ている女性というのは哀れみを込めて見られるようになってしまったのです。

ただこうした全く新しいスタイルの台頭による抵抗もハリウッドでニュールックが着られるようになったことで収束に向かい、ニュールックではなく、ルックへとなっていきました。
ロンドンでは王女のためのニュールックのプライベート発表会まで開かれるほどになっていったのです。



ファッション業界の常識を変えたディオールのコレクション

1947年に鮮烈なデビューを飾ったクリスチャン・ディオールは、わずか数ヶ月で時の人になりました。
そして、そのメゾンは活気あふれるパリの中心的な存在となったのですが、その理由は衝撃的なデビューの余韻が冷めやらぬ中、毎シーズンごとにそのコレクションが進化するというところにあったのです。

それまでのコレクションというのは、全体的なシルエットや肩、袖のラインなど数年間の調整の後に変更が加えられるということが一般的で、ディオールのように毎シーズンごとにそのスタイルが180度変わるようなコレクションは異例中の異例だったのです。
当然、これまでの常識を覆すような動きを見せれば叩かれることは必然で、ディオールのやっていることは単なる売名行為だという批判も多々ありました。
この批判というのはあながち的はずれなことではなく、実際にディオールが毎シーズンごとに発表する雑誌の表紙を飾れるような目玉コレクション「トラファルガー」のドラマチックな見た目は明らかにマスコミを意識したものであったことは間違いないでしょう。

また、コレクションごとに発表されるそのムードを一言で表す「フライト」「フリー」「チューリップ」のようなネーミングをしたのもディオールが最初でシーズンごとにその世界観を全く変えているということを強く印象づけることに役立っています。
こうしたトラファルガーやコレクションのネーミングとうのは、その後のファッション業界の常識として定着していくことになります。



シーズンごとのコレクション

1948年 アンボル ジグザグ

Dior1948
 

ディオールのコレクションはシーズンごとに全く新しいコンセプトが表現されることで、新鮮な驚きを与え続けてきたのですが、コロールラインによるデビューから1年後にはすでに新しいスタイルに変化しているのです。
このコレクションでは「飛翔」と「動き」のコンセプトのもと、ニュールックの基本スタイルであった長いスカート、細いウエスト、なだらかな肩のラインはそのままに、アシンメトリーな裾のラインや突き出したバッスル、襟足に向かって伸び上がりつつ大きく広がったトルクカラーつきの服には躍動や活気が満ちていました。
また、当時の流行にあわせて後ろ姿に注目を集めるように設計されており、くびれたウエストのラインに成形した布が花開くように取り付けられていました。



1949年 トロンプルイユ ミッドセンチュリー

Dior1949
 

この年のコレクションは、ラインによるシルエットの美しさとトロンプルイユの名前の通り表面上のデザインを意識した作りになっている。
とにかくタイトなスカートは、さすがに歩きにくいためかスリットが入れられ、そのスカートのタイトさに呼応するようにうウェストはボディスで締め付けられていました。しかし、そのタイトな下半身都のコントラストを楽しむかのように上半身の部分はボリュームたっぷりで大きめのポケットなどのアクセントなども多用されました。
年をおうごとに次々と進化するディオールのドレスには大量の注文が舞い込んでいきます。



1950年 オブリーク バーティカル

Dior1950
 

1950年にはさらにラインへのこだわりを追求したコレクションが発表され、不要な装飾は削ぎ落とされ、より女性の体のシルエットを強調するような女性が女性らしさを主張できるようなデザインが発表されました。
大胆にカットされたUネックはデコルテが大きく取られ、斜めになった留め具がどこか幾何学的な雰囲気を感じさせるものです。
ディオールのコレクションがそのままパリの流行となるため、こうした体のラインが強調される服を着るためには体型に気を配る必要があるというのが当時のパリジェンヌの悩みになったことは間違いないでしょう。



1951年 オーバル プリンセス

Dior1951
 

翌年にはさらにそのラインへのこだわりを顕著なものにします。
オーバルの代表的なスペンサースーツでは、ウエストキュッと絞りヒップをゆるやかにカーブさせた黒のドレスに淡いカラーのジャケットを合わせたスタイルはさらなる新しいスタイルを確立しました。
オーバルもそうですが、プリンセスでも丸みのあるヒップと絞られたウエストに短めのジャケットやボレロなどを合わせることで視線を高い位置に持ってくることにようなデザインを全シリーズに施しました。



1952年 シニュアス プロファイル

Dior1952
 

ディオールは、オートクチュールの大胆なデザイン以外にもビジネスセンスにもとても長けたデザイナーだったので、この年のコレクションではアメリカの大衆市場向けのカジュアルなラインを打ち出しました。
これまでのメイドがいないと着れないようなものから、より着やすくするためのアイデアを取り入れ、いろいろな用途に使えるカクテルドレスやカーディガンなどが発表されました。
とはいえ、やはりディオールのコレクションを着るためには体型がとても重要で服に合わせて体を作るような努力が必要なものであったことは確かです。



1953年 チューリップ キューポラ

Dior1953
 

この年はディオールのコレクションに大きな変化があった年でなんとスカート丈がひざ上にまで上がったのです。
別に大した事のないように思えますが、これまでロングスカートがあたり前だったディオールがいきなりスカート丈を短くしたことはとても大きなニュースになったほどです。
そして、コレクションは名前の通り、花柄を取り入れたオーガニックなコレクションでチューリップはそのものずばりのようなシルエットを作るウエストが細い茎になり、バストラインが花びらになるというものでした。



1954年 スズラン Hライン

Dior1954
 

前年の花のインスピレーションをそのままにそのシルエットを体現するようなドレスでしたが、大きな変化は建築的なニュールックが特徴であったディオールのコレクションからコルセットが取り除かれたことです。
骨組みを使わないように構成されたこのコレクションは、世の男性たちがダンス中に女性の体の感触が得られないという不満に対しての対応でした。

そしてこの年に発表された「Hライン」。
アルファベットコレクションのさきがけとして発表されたこのコレクションの評価はさんざんでした。
なにせ7年間も続いたディオールのニュールックがこのHラインによってすべて台無しにされたのですから。
ストレートかベル形にふくらんだスカートに平たいハイネックのボディス、このボディスの部分がHの横棒にあたります。
しかし、胸を目立たなくさせ、女性らしさを殺してしまうようなデザインはこれまでのニュールックとは正反対で批判の嵐が巻き起こったのです。



1955年 Aライン Yライン

Dior1955
 

そして、「Aライン」の登場です。
小さな頭に、小さな襟、そして肩幅も細く、スカートに向けて徐々に広がっていく、まさにアルファベットのAのように末広がりのシルエットは大成功を収めました。
Hラインの批判から一転してAラインは大衆まで含め、大いに広まっていきました。

が、そこからさらに「Yライン」を発表。
今度は下から上にかけてボリュームを増していくようなスタイルに一変したのです。



1956年 アロ- マグネット

Dior1956
 

毎年のように変わるディオールのコレクション。やはりAラインで成功をしてもすぐにYラインで覆し、翌年にはベルトを高い位置に上げる事でウエスト位置をあげ、カラコスという短い上着を合わせたアローラインを発表します。
さらにマグネットラインは、一見ふざけているかのようなコレクションでした。



1957年 リフレ ミドル スピンドル

Dior1957
 

10周年を迎えたクリスチャン・ディオールですが、この年に心臓発作でこの世をさります。
しかし、最後までコレクションを作り続けた天才デザイナーはこの年にもコレクションを発表しています。
この年には体を無理やり矯正するようなニュールックスタイルからゆったりと解放されたようなコレクションになり、これまでとは一転して体型を隠せるようなサックドレスを取り入れたスタイルを発表したのです。



わずか10年、されど10年

こうして10年にも渡り、パリだけでなく世界中に驚きと感動を与え続けたディオール。
ニュールックから始まり、最後にはそれすら自身で破壊してしまうという離れ業をやってのけました。
明らかに停滞していたオートクチュールに新しい風を吹き込み、様々な批判にも屈せず、リスクを取って新しいスタイルを提案し続けました。

わずか10年の間で恐ろしい速度で成長したディオールは、「ファッション界のゼネラル・モーターズ」とまで言われるようになり、完全に業界の帝王として君臨します。
が、本人は自身の死期が近いことを悟っていたのかもしれません。
亡くなるまでの数ヶ月の間に次の世代への引き継ぎを開始していたのです。


→次は、ディオールの歴史②「ディオールの亡き後」

1 2 3 4 5 6


この記事を監修しているのは?

ラグジュアリーブランド・ハイファッション調査部門

ラグジュアリーブランドやハイブランドでの勤務経験者、雑誌編集者、とにかくラグジュアリーブランドやハイブランドが好きなメンバーで編成。
好みや主観が入ったり、否定的な意見が存在するのは、ハイブランド.comの味であり、外部からの影響から独立しているからこそ出来ること。
世の中のトレンドや流れを敏感に察知し、常に新しい情報を発信出来るように奮闘しています。



このブランドを見た人はこんなブランドも見ています


中古・古着でディオールを格安購入

1ベクトルパーク Vector Park
ハイブランドからカジュアルブランドまで50万点以上のアイテムと毎日3000点以上の新アイテム追加。圧倒的な商品数と定価よりも90%以上の安さは見逃せない!中古、古着と敬遠せずに一度チェックすることをおすすめします。
ベクトルパーク
ベクトルパークでディオールを探す

2セカンドストリート 2nd Street
取り扱い商品が100満点規模にも登る古着アイテムが常識外れの格安プライスで販売中!オンライン試着や店舗お取り寄せなど大手ならではの充実のサービスで安心・快適なショッピング体験を!
セカンドストリート
セカンドストリートでディオールを探す

ディオールを海外から直接購入

1SSENSE エスセンス
ラグジュアリーブランド海外通販のSSENSE(エスセンス)がついに待望の日本語オープン。関税や送料もコミコミ価格でベッドで寝転びながらでも格安でハイブランドが買えちゃいます。
SSENSE
SSENSEでディオールを探す

2YOOX ユークス
YOOXプライスはブランド正規品の新品がいきなりブランド定価の半額からスタート。時間が経てばさらに値下がりして、90%OFFのスーパープライスに。海外アウトレットだからできる驚愕のプライスは体験するしかない!
YOOX
YOOXでディオールを探す

3アメイジングサーカス Amazing Circus
海外正規店で購入した商品を日本で販売する並行輸入。直営店のようにブランドからの指示を受けるわけではないので、値引きもセールも出来るため新品が直営店の半額以下になることも珍しくありません。
アメイジングサーカス
アメイジングサーカスでディオールを探す



販売アイテムの紹介

クリスチャン ディオール CHRISTIAN DIOR ドルチェヴィータ 100ml EDT SP fs 【香水 レディース】【あす楽】
クリスチャン ディオール Dior プワゾンガール EDT SP 100ml【送料無料】 【オードトワレ】Dior Poison Girl Eau de Toilette 【あす楽対応_14時まで】【香水 ギフト レディース】【香水 人気 ブランド ギフト 誕生日 プレゼント】【父の日 ギフト】
クリスチャン ディオール CHRISTIAN DIOR ヒプノティック プワゾン 50ml EDT SP fs 【香水 レディース】【あす楽】
クリスチャン ディオール CHRISTIAN DIOR フォーエバー アンド エバー EDT SP 100ml【送料無料】【あす楽対応】CHRISTIAN DIOR レディース 香水 フレグランス ギフト プレゼント 誕生日 父の日
クリスチャン ディオール Christian Dior ミス ディオール フレッシュ ローズ ボディ オイル 100ml/3.4oz【海外通販】
【父の日ギフト】Dior ディオール ソヴァージュ オードゥ パルファン Sauvage EDP 100ml【男性 プレゼント】
クリスチャン ディオール CHRISTIAN DIOR ヒプノティック プワゾン 100ml EDT SP fs 【香水 レディース】【あす楽】
ポイント10倍★20日20時〜4H限定!クリスチャンディオール Christian Dior プレステージ マイクロ ユイル ド ローズ セラム 50mL プレゼント ギフト 美容液 父の日
クリスチャン・ディオール Christian Dior サングラス DIOR PRECIEUSEF KGH/QX 64 ブラック/パープル(ノーズパッド調節可能) レディース UVカット 紫外線 ラッピング無料
★CHRISTIAN DIOR★ クリスチャンディオール ハンドバッグ トロッター スエード ボルドー ゴールド金具【中古】レディース
【訳あり】クリスチャン・ディオール Christian Dior サングラス DIOR PRECIEUSEF KGH/QX 64 ブラック/パープル(ノーズパッド調節可能)【レディース】 UVカット
クリスチャン ディオール CHRISTIAN DIOR ジャドール アブソリュ オードパルファム EDP SP 50ml 【香水】【あす楽】【送料無料】【割引クーポンあり】
Dior サングラス レディース diorvolute2f d28 アジアンフィット ディオール Christian Dior クリスチャンディオール
クリスチャン ディオール CHRISTIAN DIOR ディオール アディクト オードトワレ EDT SP 100ml 【香水】【あす楽】【送料無料】【割引クーポンあり】
【訳あり】 クリスチャンディオール アディクト EDT オードトワレ SP 100ml 【箱不良】 香水 ディオール CHRISTIAN DIOR 【あす楽】
DIOR ディオール カプチュール トータル セル ENGY アイ セラム 目元美容液 シワ シミ 化粧用品 母の日 ギフト プレゼント ブランド 生日 記念日 美容液 美容化粧品 デパコス セラム ギフト プレゼント 贈り物 お肌の引き締め 保湿効果 自然由来成分 送料無料
Dior メガネ MONTAIGNE47F 581 51 ディオール クリスチャンディオール CD モンテーニュ べっ甲 メンズ レディース
【訳あり】ディオール サングラス Dior Glossy1 N5A/02 レディース 女性 ブランドサングラス メガネ UVカット カジュアル ファッション 人気 プレゼント
クリスチャン・ディオール サングラス Christian Dior DIOR CROISETTE4 DYJ/ED 62 シルバー/アイボリー ノーズパッド調節可能 レディース UV 新品 プレゼント
【ラスト1個】 【中古】 ディオール サンダル 靴 シューズ #37 ホワイト 白 レザー Dior 【ディオール】 T5971 送料無料
ディオール Dior ネックレス ハート ペンダントトップ チョーカー ヴィンテージ ゴールド レディース アクセサリー ジュエリー エレガント 高級 上品 大人 ブランド【中古】
ディオール Dior 香水 50ml ディオリッシモ オーデトワレ レディース
Dior ディオール サングラス STELLAIRE7F 000 レディース UVカット ブランド 海外正規品 【送料無料(※北海道・沖縄は1,000円)】
dior パレット ディオール パウダー コスメ アイシャドウ サンク クルール クチュール 化粧品 メイクアップ 正規品 デパコス ブランド ギフト 2022 通販 プレゼント
クリスチャン ディオール Dior ディオールオム インテンス EDP SP 100ml【送料無料】 香水 ギフト メンズ 【あす楽対応_14時まで】【香水 ギフト メンズ】【香水 人気 ブランド ギフト 誕生日 プレゼント】【父の日 ギフト】
ポイント10倍★20日20時〜4H限定!クリスチャンディオール Christian Dior カプチュール ユース 50mL プレゼント ギフト フェイスクリーム 父の日
クリスチャンディオール CHRISTIAN DIOR ヒプノティック プワゾン EDT SP 50ml【送料無料】【あす楽対応】CHRISTIAN DIOR 香水 レディース フレグランス ギフト プレゼント 誕生日 父の日
クリスチャン ディオール CHRISTIAN DIOR ディオール オム インテンス EDP SP 100ml 【香水】【あす楽】【送料無料】【割引クーポンあり】
DIOR ディオール カプチュール トータル セル ENGY リッチ クリーム お肌 うるおい 母の日 ギフト プレゼント ブランド 誕生日 記念日 美容液 美容化粧品 デパコス セラム ギフト プレゼント 贈り物 お肌の引き締め 保湿効果 自然由来成分 送料無料
ディオール ルージュディオール リップバーム ディオール アディクト リップ マキシマイザー セット リップクリーム コスメ 化粧品 Dior メンズ レディース ブランド 正規品 新品 ギフト プレゼント [S] 母の日


Supported by 楽天ウェブサービス
商品情報の提供は楽天ウェブサービスを使用して、楽天商品情報を表示しています。



おすすめアイテムの紹介

[クリスチャンディオール]トートバッグ スモール トワルドゥジュイ エンブロイダリー ピンク レディース Christian Dior M1296 ZRGO 929U A4対応 [並行輸入品]
クリスチャンディオール エンブロイダリー スモール トロッター オブリーク ブックトート トートバッグ キャンバス/刺繍
Dior ディオール オブリークジャカード ロングジップウォレット 財布 長財布 ブラック [並行輸入品]
[クリスチャンディオール]カードケース レディディオール カナージュ イエロー レディース Christian Dior S0074 ONMJ 26YU [並行輸入品]
[クリスチャンディオール] トートバッグ レディース Christian Dior DIOR BOOK TOTE ブックトート スモール M1296 ZZAF M912 ピンク [並行輸入品]
【DIOR HOMME】 ディオールオム サングラス DIOR BLACKTIE2.0SL 086 ハバナ&パラジウム 国内正規品
クリスチャンディオール ブック トート スモールバッグ トワル ドゥ ジュイ エンブロイダリー ショルダーバッグ ハンドバッグ トートバッグ キャンバス/刺繍 レディース
[クリスチャンディオール]トートバッグ スモール トワルドゥジュイ エンブロイダリー ピンク レディース Christian Dior M1296 ZRGO 929U A4対応 [並行輸入品]
[クリスチャンディオール] 三つ折り 財布 レディ ディオール カナージュ ロータスウォレット パテント S0181OVRB Cloud Blue [並行輸入品]
[クリスチャンディオール]ハンドバッグ ブックトート ミニサイズ ブルー レディース Christian Dior S5475 ZRIW 928U [並行輸入品]


当サイトでは、Amazonアソシエイト・プログラムを使用して商品情報を取得しています。