アメックスの限度額 クレジットカード コラム


アメックスはよく限度額のないカードといわれますが、もちろん限度額がないわけではありません。クレジットカードは通常、一般カードは30万円、ゴールドカードは100万円というようにカードの種類ごとに限度額が設定されています。
アメックスには、グリーン、ゴールド、プラチナと3種類のカードがありますが(センチュリオンは別格として)、これらはサービス内容が異なるだけでカードによる信用枠(与信)の違いはありません。
意外に感じられるかもしれませんが、アメックスはカードの種類で限度額を設定しているわけではないので、プラチナカードを使っている人よりもグリーンカードを使っている人の方が限度額が高いということも十分にあり得ます。
このようにアメックスでは使う人ごとに個別に与信枠を設定しているわけです。

一般的に入会当初の与信枠は年収の24分の1といわれています。おおむね20~30万円からスタートという人が多いようです。例え年収1000万円の人でも当初の限度額は多くて40万円程度ということになります。
通常、年収1000万円の人がVISAやJCBなどのゴールドカードを取得すると最初から200万円程度の与信枠が付くことも珍しくないなかで、アメックスの与信枠は極端に小さいように感じます。
これはアメックスが基本的に翌月一括払い(マンスリークリア)のカードであるということが関係しています。

VISAやJCBなどのクレジットカードは分割払いやリボ払いが可能なので、高額の決済を行った場合でも必ずしも一括で支払う必要はありません。
これに対してアメックスは基本的に利用した分については、翌月に一括で支払いをする必要があります。そのため厳格とも思える与信枠の設定が必要となるのです。
毎月確実に支払うことのできる額というのは可処分所得からある程度推定できますので、年収の24分の1という数字が出てくるわけですね。
ですから、アメックス以外のゴールドカードでは限度額200万円なのにアメックスに入会してみたら限度額が20万円だったということも珍しくはありません。

ちなみにアメリカではクレジットカードというとアメックスのようなマンスリークリアカードとリボ払い専用カードの2種類に大きく分けられ、マンスリークリアカードを持つこと自体がその人の信用力を表すという側面があります。
ですから、アメリカでアメックスを提示すると、それだけで一定の信用力がある人と見てもらえます。

限度額を知るには

アメックスでは限度額をこっそりと設定していますので、自分の限度額が今いくらなのかというのはアメックスに電話して聞くほかありません。
その際には「お客様の利用実績からすると30~40万円ぐらいなら使っても大丈夫ですよ」という風に教えてくれます。
ただ、この限度額を超えたらすぐに利用停止になるわけではなく、少しぐらいなら超えて使っても問題ありません。
しかし、毎月アメックスが想定する限度額を超えて使ってしまうと話は別で、ある日突然利用停止になるといったこともあり得ます。
これは入会の審査時にその人の可処分所得を計算して限度額を設定しているのに、それを常に超えるような使い方をしているのはおかしいとアメックスが考えるからです。
銀行口座に預金をたくさん持っていてもアメックスはそれを知りませんので、想定されるキャッシュフローの範囲内で与信枠を設定しているわけです。

突然の利用停止を回避するためには、高額決済をする前にアメックスに電話して事前承認を得ておくことが重要です。もしくは毎月アメックスが想定する限度額以上の使い方をするのであれば、銀行の残高証明を送付するなど資産開示をすることで限度額を上げてもらうことも可能です。
いずれにしてもアメックスが不安に思うような使い方をするときには事前に電話をすることが重要ですね。

マンスリークリアの注意点

マンスリークリアの注意点として、支払いが完了した時点で初めて限度額が回復するということを覚えておいてください。例えば限度額が40万円だからといって毎月40万円使ってよいわけではありません。2日締め21日払いのケースですと、2日締めの段階で30万円の利用があった場合、21日の支払日までに利用できる額は残りの10万円ということになります。
締日が過ぎたら限度額が回復すると思いがちですが、実は支払いが完了するまで限度額は回復しないわけですね。
ですから限度額については2か月分の利用枠と考えていれば安心できます。
このことから、アメックスが40万円の限度額を設定した場合、その半分程度の額が可処分所得から計算して毎月支払い可能な水準であると判断していることが分かります。


利用実績が重要

アメックスの限度額は、利用実績に応じて常に変動しています。
毎月順調に決済を重ねていくことで限度額はどんどん上がっていき、場合によっては一般のゴールドカードよりもはるかに高い与信枠を設定されるというケースもあります。

このようにアメックスは最初は多少使いづらさを感じるケースもありますが、使い続けていくことでその人に合わせて柔軟な変化を遂げるという、とても魅力的なカードでもあります。
センチュリオンの取得は少々難しいと思いますが、プラチナまででしたら実績を積み重ねることで決して取得が難しいということはありません。
まずはグリーン、ゴールドに入会し、着実に実績を積み重ねていくということが重要といえます。


アメックスのインビテーション

プラチナカードのコンシェルジュ

センチュリオンカードの取得

センチュリオンカードのサービス



関連Tags




合わせて読まれているコラム