【収納家具】 あとで困らないための収納選びチェックポイント

目次

1.あとで困らないための収納選びチェックポイント   1-1. 収納だけにあらず、魅せることを意識せよ!
  1-2. あとで困らないための事前チェックポイント
2.シーンごとに異なる魅せる収納選びのこつ   2-1. 利用シーンから選ぶ収納家具
3.最高峰の収納ブランドと名作   3-1. 収納を極めた最高峰のハイブランド
  3-2. 組み合わせ自由自在のモジュラー収納『USMハラー』
  3-3. 名作収納家具「ボビーワゴン」



収納だけにあらず、魅せることを意識せよ!

魅せる収納家具
 
収納家具を買う目的は家の中にあるいろいろな「モノ」を片付ける場所を確保すること。
確かにクローゼットの中にしまうような収納ケースや人の目にあまり触れないタンスやキャビネットなどであれば、必要な収納量を満たすものであれば問題ないでしょう。

リビングに設置する収納は?
ダイニングやキッチンにおく収納は?
洗面所におく収納は?

このあたりの収納というのはお客さんを招いた時に目につく場所じゃありませんか?
こういった家の中のパブリックスペースに置く収納というのは機能を満たすだけではなくて、デザインにも気を配りたいですよね。

収納は『ただ片付けるだけではなく、魅せるもの』という意識を持って、一歩先をいくおしゃれなディスプレイを楽しみましょう。

Ⅰ. 設置スペース
Ⅱ. 収納の扉を開くためのスペース
Ⅲ. 収納できる容量と今後の拡張性
Ⅳ. 耐久性と利便性
Ⅴ. 部屋との相性



あとで困らないための事前チェックポイント

とはいえ、いくら美しい収納家具で、ディスプレイも完ぺきでも収納として必要な機能を満たせていなかったり、使いにくかったりすると元も子もありません。
勢いにまかせておしゃれな収納を目指す前に、最低限チェックすべきポイントは抑えておきましょう。


置いてもみたら収まらなかったは困る・・

収納家具の設置スペースは事前にしっかりとサイズを測りましょう
 
まずは事前に収納を置く場所の大きさを測っておきましょう。
横幅と奥行きは、ほぼ間違いなく測ると思うのですが、忘れがちなのが高さ。特に天井の下がり部分には気をつけましょう。

もう一つの落とし穴はドアストッパーです。
置こうと思っていた場所にドアストッパーがあって奥行きが足りなくなってしまった・・なんてことのないように。



置くだけじゃなくて使うことまで考えておいて

収納家具には扉があることも考えておきましょう
 

設置スペースにすっぽり収まったと喜んだのもつかの間、次の落とし穴が待っています。
その収納家具ちゃんと開きますか?

収納家具には扉が付いているものが多いですよね。
引き戸になっているものであれば、大抵の場合問題ないですが、折って開くタイプやドアのように扉を開くタイプの場合は、その扉部分のスペースを確保しておかないといけません。

当たり前のことのように思うのですが、ついつい見落としてしまうです。



いっぱい、いっぱいに詰め込み過ぎないように

100%物を詰め込むと後が大変です。
 
収納の目的は物を片付けることですから、片付けるべき「モノ」が全て入ればいいというのはちょっと待って下さい。
モノは増えていきますよね?
今100%全て使い切ってしまったら、明日になったらもう溢れてしまいます。

そうならないためには、収納家具を買うときには、現在の片付けるべき「モノ」を全て入れたとしても20~30%くらいの余裕があるようにしておきましょう。

余裕があった方が、取り出しやすいですしディスプレイ的にもある程度余裕があったほうが綺麗に見えます。

もう少し、先を見るなら拡張性も考慮しておくとベストです。
例えばモジュラー型の収納であれば、足りなくなればユニットを追加すればいいだけなのでとても楽だし、便利なのです。



長く使えるか?便利に使えるか?

移動の便利なものがいいですよ。
 
収納家具にかぎらず、家具を購入したらできるだけ長く使いたいもの。
そう考えるとチェックすべきこととしては、長持ちするかどうか。

どれくらいの重量に耐えられるのか、扉の開閉にガタつきがないかなどは確認しておく必要があります。

長く使うと模様替えもしたくなりますので、キャスターがついていて動かせるものだといいですね。



部屋のスタイルにあったデザインになっているか?

部屋のスタイルにあったデザインが大事
 
お部屋にはコーディネートのスタイルがあると思います。
北欧風のナチュラルな部屋にしたいとか、モダンで洗練された空間にしたいとか、それぞれの想いをもって部屋づくりをされているはずです。

収納家具も部屋の一部。
とくに魅せる収納にこだわるのであれば、部屋のスタイルと合わせることは必須です。

どんなに気に入った収納家具でも部屋のスタイルと全く合わないものでは、全体としてチグハグになってしまいます。

ナチュラルな雰囲気であれば、木そのものの質感を活かしたものがいいですし、モダンにしたいなら鏡面仕上げの光沢感のあるものやスチール、プラスチックなどの無機質な素材を使ったものなどにしてみましょう。


→次は、「シーンごとに異なる収納選びのこつ」

1 2 3





おすすめ製品の紹介

布団タンス 幅120cm 送料無料 ルーバー折れ戸ふとんキャビネット 折戸扉 開閉ラクラク フルオープン通気性の良いルーバー扉 たんす布団 布団たんす 収納タンス 衣類収納たんす 布団収納庫 布団入れ 押入れ 布団箪笥 クローゼット ワードロープ フトン[日祝不可]
【送料無料】ワードローブ クローゼット 引き戸 『ルーバー引き戸 大容量クローゼット 〔アネモネ〕 幅150cm』 【組立設置対応可能】ロッカー タンス 壁面収納 衣類収納 省スペース ハンガーラック クローゼットハンガー 除湿[代引き不可]
【送料無料】ワードローブ クローゼット 引き戸 『ルーバー引き戸 大容量クローゼット 〔アネモネ〕 幅120cm』 【組立設置対応可能】ロッカー タンス 壁面収納 衣類収納 省スペース ハンガーラック クローゼットハンガー 除湿[代引き不可]
木製 クローゼット ハンガーラック 棚付き ワードローブ 120cm 幅 扉付き 洋タンス 送料無料 ラック ハンガー かばん 洋服 衣類収納 省スペース 寝室 リビング 整理ダンス ルーバー ロッカー タンス 収納 白 ホワイト ブラウン 茶 おしゃれ
■送料無料■ ルーバー折れ戸布団収納庫(ふとん収納) 風が通る大容量収納庫 ハンガーバー付きで衣類収納にも便利です クローゼット&押入れの増設 お部屋の収納リフォームキット 【RCP】【SUPER SALE】
大量収納壁面ロッカーシリーズ 送料無料 Closto(クロスト) ハンガーラックシリーズ 衣類収納 人気 木製 洋タンス クローゼット ワードローブ 壁面収納 ロッカータンス 天井高さ237〜247cm対応 3連ロッカー+上置きセット FRM-2006+FRM-2007
【ナチュラル 120 ローチェスト】アルダー材 チェスト ローチェスト ハイチェスト タンス 衣類収納 収納ワードローブ クローゼット 幅120cm 無垢 木製 天然木 北欧 自然塗料 オイル
チェスト 木製 桐洋風チェスト 6段 生地仕上げ [HI-0059] 幅100.5×高さ79.5cm 【送料無料】 桐たんす 桐タンス クローゼット 隠しキャスター付きチェスト 衣類収納 和タンス 収納ケース 桐箪笥 桐収納チェスト 着物収納 安心の日本製 完成品 国産 洋服タンス 新生活 引越
【クーポンで1000円OFF】【送料無料】ワードローブ クローゼット 引き戸 『ルーバー引き戸 大容量クローゼット 〔アネモネ〕 幅120cm』 【組立設置対応可能】ロッカー タンス 壁面収納 衣類収納 省スペース ハンガーラック クローゼットハンガー 除湿[代引き不可]
木製 クローゼット ハンガーラック 棚付き ワードローブ 90cm 幅 扉付き 洋タンス 送料無料 ラック ハンガー かばん 洋服 衣類収納 省スペース 寝室 リビング 整理ダンス ルーバー ロッカー タンス 収納 白 ホワイト ブラウン 茶色 おしゃれ


Supported by 楽天ウェブサービス
商品情報の提供は楽天ウェブサービスを使用して、楽天商品情報を表示しています。



Interior Brands



Interior Designers



Interior Shops