【テーブル】 5つのステップで学ぶ失敗しないリビングテーブルの選び方

目次

1.5つのステップで学ぶ失敗しないリビングテーブルの選び方①   1-1. テーブル選びを甘くみていませんか?
  1-2. 5つのステップで学ぶ失敗しないリビングテーブルの選び方
  1-3. 快適なテーブルの高さとは?
  1-4. テーブルの大きさってそんなに重要?
2.5つのステップで学ぶ失敗しないリビングテーブルの選び方②   2-1. お部屋にあうテーブルはスタイルを合わせること
  2-2. フォルムはライフスタイルに合わせて考える
  2-3. テーブル以上の何かを求める
3.お得なネットショップを活用してテーブルを買おう   3-1. 名作からユニークまでおすすめテーブルをピックアップ
  3-2. お得な特典のあるネットショップがおすすめ



テーブル選びを甘くみていませんか?

テーブル選びを甘く見ていませんか?
 
リビングの中央に位置し、ソファと並びインテリアコーディネートの中心となるセンターテーブル。
家族の団らん、ホッと一息つけるくつろぎの空間を作るためにはテーブル選びも重要なポイントになってきます。
ここではダイニングテーブルではなく、リビングを彩るセンターテーブルのコーディネートについてお話します。

リビングというのは様々なコーディネートの仕方があるので、センターテーブルというのも素材、カタチ、カラー、高さや機能まで色々なものがありますよね。
コーディネートの主役となるようなインパクトを求めるのか、空間に溶けこむようなナチュラルな物を求めるのか、テーブルに求める役割やコーディネートスタイルによっても選択肢は無限大。

これだけたくさんの中から自分の部屋にあったテーブルをどうやって選べばいいのか、迷ってしまわれる方も多いのではないでしょうか?
テーブルはソファやベッドのように座ったり、寝転んだりといった直に触れる対象ではないので、快適性にはそれほど関係しないと思われるかもしれませんが、それは大きな間違いであり、落とし穴が潜んでいます。
きちんと確認せずに選んだがために後で大きな後悔をすることに・・・

そうならないためにも、『ナニ』を基準にテーブルを選んでいけばいいのか、順を追って解説していきたいと思います。



5つのステップで学ぶ失敗しないリビングテーブルの選び方

リビングテーブルを選ぶ時にまず何を考えればいいのか?
最初にイメージされたのは何でしょうか?
テーブルの素材ですか?デザインですか?それともカタチでしょうか?

上に挙げたものから検討することも間違いというわけではありませんが、快適なテーブルを考えたときに何よりも重視しないといけないのは高さです。

テーブル選びのポイントを優先順位にするとこんな感じです。
実際は人それぞれだと思いますので、あくまで参考程度にして頂けますと幸いです。

Ⅰ. 高さ
Ⅱ. 大きさ、広さ
Ⅲ. 部屋のスタイルにあった素材とデザイン
Ⅳ. 生活環境にあったフォルム
Ⅴ. テーブルの付加価値(機能)



Ⅰ. 快適なテーブルの高さとは?

なぜ最初に高さを考えないといけないのか?
その理由はテーブルの高さがリビングスペースの快適性に直接的に影響をおよぼす可能性が一番高いからです。

想像してみてください。
例えば、一般的な高さのソファだと大体座面が40cmくらいですが、高さ40cmのソファに高さ20cmのローテーブルを合わせた場合に起こることを。
コーヒーを飲もうとして、カップを取ろうとしてもいちいち体を前屈のように曲げないといけないのです。
これって快適ですか?

ソファに合わせたテーブルの高さ
(出典:http://www.hhstyle.com/)
センターテーブルは多くの場合、ソファに座って使うことになります。

なので、ポイントとしてはソファの座面よりも少し高いテーブル、少なくとも同じくらいの高さのテーブルを選ぶ事が必要になってくるのです。

特にお客さんを招いて、リビングで過ごす場合などはテーブルが低いとかなり使いにくいです。
頻繁にお客さんがきて、リビングを活用する方であれば、快適に過ごせるテーブルの高さには注意を払いましょう。

ローテブルの合わせ方
(出典:http://tabroom.jp/)
逆にソファを置かずにラグの上にそのまま座ったり、ローソファの場合は、それに合わせた高さのローテーブルの方が使いやすくなります。ローテーブルの魅力は、視界が広がるので部屋全体の空間が広く感じられること、そしてデザイン性の高いテーブルが多いことです。

どうしてもソファよりも低いローテーブルが使いたいという場合は、ソファの横に補助となるサイドテーブルを置いて、使い分けをすれば快適性は保てますね。



Ⅱ. テーブルの大きさってそんなに重要?

最初はテーブルの高さについて触れていきましたが、次に考えるのもまだデザインではないのです。
それはテーブルの大きさや広さ。

大きさってそれほど重要なの?というご意見も聞こえてきそうですが、大きさもとても重要です。
大きさ重要な理由は3つあります。

ソファとテーブルのバランス
(出典:http://tabroom.jp/)
1つは、空間とのバランスです。

このバランス感覚でもっともわかりやすい例を挙げると、ソファとの大きさの比率です。

ソファは2シーターの小さめのものなのに、テーブルだけやたらと大きかったりすると、全体の印象としてちぐはぐに見えてしまうのです。
これを回避するためには、ソファの横幅よりも小さいサイズのテーブルにした方が見栄えがよくなります。

リビングテーブルの使い方
 
2つめにテーブルの使いかたがあります。

最近ですと、ダイニングテーブルを置かずにリビングテーブルで食事をするようなケースも増えてきています。
この場合は、テーブルを少し大きめにしておかないと食器がおけなくなってしまいます。

同じようにデスクワークなどをテーブルで行うことを想定していたりすると、パソコンや書類など必要なものが置けるだけのスペースをテーブル上に確保しておかなければいけませんよね。

リビングテーブル設置スペース
(出典:http://tabroom.jp/)
最後に設置スペースがあります。
これは言わずもがなですが、「テーブルが大きすぎて置く場所がない・・・」
なんてことにならないように大きさは事前にきっちりと測っておきましょう。

テーブルそのものが置けるスペースというのは当然ですが、ソファとのスペース、他の家具との間の導線としてのスペースも考えておく必要があります。
ソファに座ってゆっくりと脚を伸ばすには、ソファとテーブルの間に45cm~50cmくらいのスペースは必要になります。
また、人が一人通るスペースとして60cmくらいは確保しておかないとかなり窮屈になってしまいます。

テーブル周りのスペースとして、周囲50~60cmは空けられるようにテーブルのサイズは考えておいてください。


→次は、「5つのステップで学ぶ失敗しないリビングテーブルの選び方②」

1 2 3





おすすめ製品の紹介

【ふるさと納税】リビングテーブル「LT-46937-ON」 BB-1401  大川家具
【送料無料】【開梱設置付】ダイニングテーブル プラットナーダイニングテーブル / ウォーレン・プラットナー
国産 天然木 折りたたみ式テーブル120cm幅リビングテーブルやダイニングテーブルにテーブル 高さ65cm、70cm 選べます【送料無料】折り畳みテーブルキャスター移動可能 介護施設でも活躍 天板リフティング 折りたたみ机 広島府中家具[代引不可][byおすすめ]
DT-10-W150 WNT チェリー ダイニングテーブル 150cm幅 長方形 食堂テーブル 机 単品販売 4人用 チェリー 【送料無料】
レグナテック ヴィータ90 リビングテーブル センターテーブル ソファー机 小引き出し 収納 シンプルナチュラル ウォールナット・ホワイトオーク 木製 送料無料 日本製
幅240cm ダイニングテーブル had240-355 テーブル 机 長机 アカシア ライトブラウン アンティーク調 ビンテージ風 北欧 10 9 8人用 流木風 古木風 和風 レトロ うづくり仕上げ 木製 おしゃれ モダン 食卓 リビング 会議室 ウッドダイニング アウトレット so
【送料無料】エリス ダイニング5点セット 無垢 無垢材 ERIS ナチュラル 125cm ダイニング テーブル ダイニングセット アルダー無垢材 ダイニングテーブル リビングテーブル 食卓 机 木製 4人掛け 楽天 通販 eris
ローテーブル リビングテーブル スチールシルバー脚 ANIMA 幅120cm ( 送料無料 完成品 テーブル センターテーブル 開梱設置 机 コーヒーテーブル デスク 長方形 収納 鏡面 )【5000円以上送料無料】
幅182cm 高さ72cm 楕円 ダイニングテーブル 北欧 sbkt182-351 ウォールナット 光線張り木製 天然木 ダイニング オーバルテーブル バースト 丸テーブル 円形テーブル モダン カフェ ウッドダイニング 机 テーブル おしゃれ cote ブラウン アウトレット お客様組立品 11 so
大理石 センターテーブル 120 鏡面仕上げ 一本脚 ブラックグリーン マーブル ローテーブル (リビングテーブル コーヒーテーブル 机 )応接 おしゃれ クラシック モダン 高級 輸入家具 【代引き不可】


Supported by 楽天ウェブサービス
商品情報の提供は楽天ウェブサービスを使用して、楽天商品情報を表示しています。



Interior Brands



Interior Designers



Interior Shops