高級マンションのセキュリティ タワーマンション コラム


大規模なタワーマンションになると居住者が多いためご近所さんであっても顔を知らないというケースは往々にしてあると思います。 一旦オートロックさえ通って中にさえ入ってしまえば、例え住民とすれ違ったとしても余程不審な動きをしなければ怪しまれる事も まずありませんので犯行を行いやすい空間となってしまいます。
そこで重要になってくるのがセキュリティ面の充実です。
タワーマンションはその性質上、非常にセキュリティ意識が高くなっています。
今回はタワーマンションのセキュリティについてお届けしていきたいと思います。

最寄り駅からマンションまでのセキュリティは?

セキュリティという意味では少し広義かもしれませんが、タワーマンションは非常に立地がよく駅から近いケースが多いです。 そして駅から近いマンションですと駅に直結している場合があります。
やはり女性や子供が夜道を一人で歩くのは危険です。
駅直結というのは最寄り駅に到着後、明るい道を通りマンションまで短時間で帰る事が出来ますので防犯上、非常に優れていますよね。
個人的な感覚でも駅に直結しているというのは利便性もさる事ながら安心感が全然違います。

マンション内にはどうやって入るの?

最近では各エリアごとにセキュリティゾーンが決められていて3重、4重といった形で認証を行わないとお部屋のあるゾーンまで 辿り着けないような仕組みが取られています。
例えばエントランス⇒共用部分入口⇒エレベータ入口⇒玄関といった形です。
一見面倒に感じられるかもしれませんが、ICチップが内蔵されたノンタッチキーを使って鍵を開ける形が多くそれほど煩わしさはないと思います。
逆に暗証番号を入力したりといった事をしなくてもよいような工夫がされており、盗み見られたりといったリスクは回避出来るようになっています。
エレベータも認証が必要で鍵がないと動かない、鍵とマッチする階にしかエレベータが停止しないようにもなっていますね。エレベータに乗る前にエレベータ内の様子を確認出来るモニターが設置されている場合もあります。


監視体制とかもあるんですか?

監視体制も盤石です。
24時間有人監視で敷地内にガードマンやエントランスのコンシェルジュ、監視カメラも敷地内に数十台、多い所では100台以上も設置されているマンション もあります。何か異常を感じ取れば警備のプロの方が駆けつけてくれるという体制を取っている事がほとんどです。 マンションによっては見回り巡回がなされているケースもありますね。

お客さんが来た時はどうするの?

お客さんが来た時は多重にセキュリティがかけられていればいる程、少し面倒ではあります。 各セキュリティゾーンを通過する度にインターホンで呼び出してもらい鍵を開けなくてはいけなかったりします。
後は声で友人と分かる場合であればいいですが、友人ではないお客さんの場合などはインターホンにカメラが設置されていて、 訪問者の顔を確認出来るという事も出来るようになっていますね。
そして玄関のチェーンロックもバールなどでこじ開けられないように頑丈なロックになっているマンションもあります。

このようにタワーマンションは本当にセキュリティに対して万全の対策を期している所が非常に多いです。 今後さらにセキュリティに対する技術が発展していき指紋や網膜などの生体認証なども普及していくかもしれませんね。

女性の一人暮らしや小さなお子様がいるご家族で住まれる場合などはタワーマンション選びの基準にセキュリティ面の充実度というのを加えるとより 快適で安全な都心ライフが送れるのではないかと思います。


マンションの資料請求はこちらから
↓↓↓↓↓



関連Tags




合わせて読まれているコラム