【照明】 空間を演出する照明の選び方

目次

1.高級レストランやホテルのような空間は照明で演出   1-1. おしゃれな部屋づくりには照明のこだわりは欠かせない
  1-2. 高級ホテルのような雰囲気を作る照明のポイント
  1-3. おしゃれだけではなく、癒しの空間も照明から
2.空間を演出する照明の選び方   2-1. お部屋に合う部分照明を揃えよう
  2-2. おしゃれな全体照明はインテリアコーディネートでも活躍
  2-3. インテリアスタイルに合わせた照明選び
3.最高の照明が集結 『灯りの名作』



お部屋に合う部分照明を揃えよう

部分照明はとても大事だと思いませんか?
部屋の雰囲気をおしゃれで洗練された空間に変えることもできる、さらに日々の疲れを取ってくれるような安らぎの癒し空間にも欠かせないとなると絶対に必要なものですよね。

ペンダントやシーリングライトだけで部屋全体を照らしている場合は、これを機にお部屋にあった部分照明を取り入れてみてはいかがでしょうか?


間接照明にもっとも効果的な「フロアライト」

フロアライトBAL
(出典:http://www.terrasseo.jp/)
フロアライトにも色々なパターンがあります。
例えば、背の高いタイプで部屋の上の方から照らすようなフロアスタンドですね。
フロアスタンドタイプは、部屋の隅におけば壁を伝わって上の方から部屋を照らす上質な間接照明になります。
部分照明の入り口としては、まずはフロアスタンドからが正解でしょう。

フロアスタンドでも上の方だけにライトを付いているものと、照明全体がライトになっているものがあります。
こちらはあまり背の高いものはありませんが、壁際においてもいいですし、ソファ横やベッドサイドなど色々なところで活躍してくれます。

さらに最近多いものには、球体やテーブルランプくらいの大きさで床に置くタイプのフロアライトもあります。
これはフロアスタンドとは逆に下の方から照らしてくれるというので、フロアスタンドとの対比を楽しんだり、ベッドサイドなどに置くと雰囲気が出ます。

フロアライトの商品を見る

お手軽に間接照明を取り入れるなら「テーブルライト」

ロハステーブルランプ
(出典:http://www.terrasseo.jp/)
テーブルライトは、フロアスタンドに比べると少しお手軽に部分照明を実現できます。
テーブル上におけるレベルの小型な照明なので、サイズは30cm~50cm程度の小さなものがほとんどです。
お手軽に使える反面、フロアスタンドに比べると光が弱くなるので、複数置いたり、光のポイントやアクセントとして使う事が多くなります。

テーブルとついていますが、テーブルの上に置くことにこだわる必要はなく、キャビネットやTVボードの横、デスクやカウンターキッチン、ベッドサイドまでいろいろな場所に使えるので使い勝手はかなりいいです。

カタチも様々でよくある傘のようなシェードがついたタイプから、ボール型、全体がシェードに覆われたような縦長タイプ、デスクライト型、オブジェのようなデザイン性の高いものまでバリエーションがとても豊富です。

光とともにオブジェとしての役割も果たせるので、インテリアのアクセントとしてもかなり重宝するのです。

テーブルライトの商品を見る

おしゃれな全体照明はインテリアコーディネートでも活躍

おしゃれな空間づくりのために部分照明にばかりスポットを当ててきましたが、実は忘れてはならないのが全体照明のこと。
部分照明を活かすも殺すも全体照明次第なのです。

全体照明自体は、部屋全体を照らす主照明としての役割をはたす一方で、インテリアコーディネートの中では、とてつもなく大きな存在感を放ちます。

例えば、完ぺきに決まった北欧スタイルのお部屋、でもなぜか照明はどこにでもある平凡なシーリングライトだとがっかりしますよね。
そもそも灯りによる雰囲気作りの前に照明のデザイン自体がイマイチだと昼間でも部屋の雰囲気を壊しかねないのです。

シーリングライトでもおしゃれなものはたくさんありますし、ペンダント型ではデザイン性の高いライトが多いです。
クラシカルな雰囲気のお部屋でしたらシャンデリアなどもおすすめです。

部分照明を取り入れると同時に全体照明の見直しも行いましょう。


やっぱり便利な「シーリングライト」

普通のシーリングライト
 
世の中の家庭でもっとも多く使われる照明はこういったタイプのシーリングライトでしょう。
リモコンで操作できますし、LEDだと明るさ調整もかなり自由にできるので、便利ですよね。

確かに便利ではありますが、デザイン的に見るとやはり残念な感じは否めません。

もう少し踏み込んで、同じシーリングライトでももう少しデザイン性の高いものを選びたいものです。

シーリングライト ブルックリン
(出典:http://www.terrasseo.jp/)
こういった多灯式のシーリングライトでもリモコンがついているものがあります。
便利さとおしゃれな感じを両立したいという方にはとてもおすすめできます。
こういったデザイン性の高いライト、少しだけ手間をかけて選んで、お金をかけるだけで格段に部屋の雰囲気が変わってくるのです。

シーリングライトの商品を見る

デザイン性を追求するならおしゃれな「ペンダント」

LED内蔵 北欧 アンティークデザインペンダントライト led epoca
(出典:http://www.terrasseo.jp/)
ペンダントライトは、とにかくおしゃれでデザイン性が高いのがいいところ。
有名デザイナーがデザインする名作照明というものも多数ありますが、ペンダントの名作というのはとても多いのです。

シェード自体がアート作品のように装飾されたものや、シンプルな球体や電球自体がむき出しになったもの、和紙や陶器をシェードに使った和風スタイルなど目を引くデザインがてんこ盛りです。

部屋全体のコーディネートスタイルにあったものが探しやすいですし、なにより照明器具自体がひとつのインテリアとしてアピールしてくれます。

ペンダントライトの商品を見る

クラシックなスタイルには絶対「シャンデリア」

圧倒的な輝きと存在感あるゴージャスなシャンデリア キャッスル6
(出典:http://www.terrasseo.jp/)
最近だとクラシック調の家具が低価格で販売されていることも多いので、猫脚や古典的装飾のクラシック家具でお部屋をコーディネートされる方も多いはずです。
あとは、姫系スタイルやエレガンススタイルなどの女性的なスタイルに憧れる方もいらっしゃいますよね。

そういう時の照明は、絶対にシャンデリアがおすすめです。

クラシック家具やエレガンススタイルの豪華な雰囲気に負けない照明と考えるとシャンデリアをおいて他にはありません。
透き通るようなガラスのシェード、見るからにゴージャスなフォルム、キラキラと煌くシャンデリアは美しさの象徴ですね。

シャンデリアの商品を見る

インテリアスタイルに合わせた照明選び

照明にもスタイルというものがありますね。
インテリアスタイルでは、よく北欧スタイルやモダンスタイル、アジアンスタイルといったスタイルに合わせたコーディネートをされますが、そうしたスタイルに照明を合わせようと思った場合にどういったことに気をつければいいのでしょうか?


やわらかな灯り「北欧スタイル」

やわらかな灯り「北欧スタイル」
(出典:http://kagu350.com/)
北欧スタイルでは、暖かみのある灯りが好まれるということです。北欧というのは、長い冬があってその厳しさというのは日本の比ではありません。
そうした長く寒い冬を部屋で快適に過ごすために発展したのが、北欧流のコーディネートなので、当然照明にも暖かみを求めるのです。

しかし、ただ明るければいいというわけではなく、光を抑えた暖かみのある灯りがいいのです。

この光を抑えるための工夫としてシェードがあり、北欧スタイルの照明器具はとても美しいシェード使いの照明が多いのが特徴です。
北欧スタイルだから「こうしないと」みたいなものが特にあるわけではありませんので、光をうまく抑えた美しいシェードのデザインを選びましょう。

北欧スタイルの照明を見る

クールな存在感「モダンスタイル」

クールな存在感「モダンスタイル」
(出典:)
モダンスタイルは、コンテンポラリーなデザインが中心となるので、スチールやアルミニウムのようなメタルシェード、アクリルやプラスチック、ガラスのようなクリアな素材使いの方が合ってきます。

デザインもシャープなラインのシンプルなデザイン方がいいのですが、部屋のコーディネートをシンプルにしつつ、カラートーンを合わせた豪華なシャンデリアなどを使ってもおもしろいです。

デザイナーズ系の照明は洗練されたデザインが多いので、モダンスタイルにはとてもマッチしますのでおすすめです。

モダンスタイルの照明を見る

関節照明効果の高い「和スタイル」

関節照明効果の高い「和スタイル」
(出典:http://www.terrasseo.jp/)
和風スタイルは、特に和室に限定しているというわけではなく、ジャパニーズモダンなどの和家具を取り入れながらも現代的な部屋にしているスタイリッシュな部屋など色々と使えるシーンは多いと思います。

ジャパニーズモダンスタイルなどでは、椅子やテーブルなどを和風にするならば照明はモダン照明を取り入れてもいいですし、逆に照明を和風にするというのでもいいです。

和スタイルの照明となると、もっともスタンダードなのは和紙をシェードに使ったものです。
和紙がシェードとして光を覆うことで、暖かみのある中和された光が漏れだし、とてもやわらかい灯りになります。

関節照明としても、とても効果的なので和風の照明というのは色々なスタイルの部屋にも使えるものです。

和スタイルの照明を見る

独特の雰囲気を持つ「アジアンスタイル」

独特の雰囲気を持つ「アジアンスタイル」
(出典:http://aflat.asia/)
アジアンスタイルは、インテリアスタイルの中でもかなり独自性の高いもので、一番分かりやすいスタイルであるともいえます。
バンブー(竹)やラタンといったアジア特有の素材を使った豊かな風合いの家具が南国リゾートのような開放感を感じさせる人気スタイルです。

照明も同じようにアジア特有の素材使いのものや、いわゆるアジアっぽい彫刻などがほどこされたシェードが雰囲気を引き立たせます。
特にシェードに彫りがしてあることで、その隙間から溢れだす光というのが、とてもよい間接照明効果を生み出してくれます。

アジアンスタイルの照明を見る

→次は、3.最高の照明が集結 『灯りの名作』

1 2 3





おすすめ製品の紹介

βオーデリック/ODELIC 和照明【OP252368】LED一体型 〜12畳 調光・調色 電球色〜昼光色 リモコン付属 引掛シーリング
【送料無料 ポイント10倍】LED内蔵 テーブルライト ルミエール ポルックス LPO-T【デスクライト 照明器具 間接照明 テーブルランプ ダイニング用 食卓用 スタンドライト 読書灯 レコルト かわいい ベッドサイド ウッド 木製 recolte LED電球 北欧 テイスト 電気 おしゃれ】
【SPU↑ポイント最大7倍】【\15000円〜送料無料※】コイズミ照明 LEDシーリングライト AH43043L (※北海道・沖縄・離島を除く)
[タイムセール] [送料無料] 【ART WORK STUDIO (アートワークスタジオ)】 タンゴ シーリングランプ3 (電球なし) [AW-0395] - Tango-ceiling lamp3 - [インテリア ライト・照明 天井照明 洋風シーリングランプ]
Artemide(アルテミデ)「TOLOMEO TERRA トロメオ」S7125S シルバー[フロアスタンド/タスクライト/デザイナーズ/輸入]【ヤマギワ】【S7125S】
カルテル 照明Bourgie ブルジー メタリック仕上げ9072【メーカー取寄品】【ka_13】  おしゃれなインテリアの作り方 アウトドアリビングが気持ちいい
ステンドフロアーランプ 大ナギットのブドウ柄 直径43cm 高さ167cm 重さ11.7kg ステンドグラス ランプ
≪4月24日入荷予定/在庫限り品≫プレゼント付(予備ランプ&コード調節リール)PH5 Classic Louis Poulsen (ルイスポールセン)PH5 クラシック ホワイト(白)光沢なし[天井照明/ペンダントライト/北欧照明/デザイナーズ/輸入]【PH5 Classic】(PH5)
匠の誠品 月のライト 照明 屋内インテリア照明 ペンダントライト ペンダント ライト ランプシェード ランプ シェード 3Dプリント 癒し オシャレ 飾り 45cm
【LEDセット有り】ペンダントライト Etoile エトワール LP3020FR LP3020CL 1灯 フロスト クリア 星 天井 照明 ディクラッセ Barocco シーリング 6畳 8畳 おしゃれ かわいい 北欧 新築 結婚 ギフト プレゼント ガラス 透明 母の日 卒業 入学 祝い


Supported by 楽天ウェブサービス
商品情報の提供は楽天ウェブサービスを使用して、楽天商品情報を表示しています。



Interior Brands



Interior Designers



Interior Shops