パークハイアット東京 ラグジュアリーホテル コラム


(画像出展:http://tokyo.park.hyatt.jp/)

今回は「ミシュランガイド東京・横浜・鎌倉〈2011〉 」に最上級の6つ星として 掲載されており、映画『ロスト・イン・トランスレーション』の舞台としても有名な新宿の最高級ホテル「パークハイアット東京」についてお届けしていきます。


最高級の眺望!

パークハイアット東京の特徴はなんといっても眺望の良さです。
新宿新都心のシンボルともいえる「新宿パークタワー」の39階から52階に178室の客室を構える日本を代表するラグジュアリーホテルです。
地上160mから東京を一望する夜景は美しいという表現だけでは表しきれないかもしれません。また、宿泊客は誰でも都内最大級の広さを誇る 「Club On The Park(クラブ オン ザ パーク)」の屋内プールやジムを無料で利用することが出来ます。
屋内プールからも夜景を見渡す事が出来ますのでプールでのんびりくつろぎながらの夜景はまた違った魅力です。


食も最上級!

ホテル内のレストランは最上階の52階に位置する「ニューヨークバー&グリル」を始め、厳選した銘酒と創造性豊かな日本料理の「梢」、 朝食からディナーまで用意するプライベートダイニング「ジランドール」、開放的で自然光に満ち溢れた空間でカフェやデザートを楽しめる 「ピークラウンジ&バー」が用意されています。
中でも「ニューヨークグリル」は評価が高く、世界でもっとも信頼されている消費者サーベイ会社のランキング「ザガットサーベイ」 で人気No.1に輝いています。

また、総料理長 ナディーン ヴェヒタ モレノさんはヨーロッパで最も権威あるレストランガイドとして名高い「ゴー・ミヨ」2011年スイス版にて 「世界で活躍するスイス人スターシェフ(Swiss Star Chef Overseas)」を受賞しましている程の超凄腕のシェフです。
是非一度「ニューヨークグリル」に足を運んで世界最高峰の料理を堪能してみて下さい。


レストランガイド『ゴー・ミヨ(Gault Millau)』とは?

料理評論家のアンリ ゴー(Henri Gault)とクリスティアン ミヨ(Christian Millau)によって、1969年、フランスで創刊されました。
レストランの評価の基準は、環境や雰囲気、料理やワインの質、サービス、値段に分かれ、1から20のポイントで採点されます。
ガイドへの掲載料を各レストランに要求しないことから、料理の質を純粋に評価する、ヨーロッパで最も信頼性の高いガイドブックとして人気を博しています。
フランスをはじめ、ドイツ版、オーストリア版、ベネルクス版、スイス版と各国のガイドが出版され、 レストランだけでなく、「シェフ オブ ザ イヤー」、「ソムリエ オブ ザ イヤー」、「パティシェ オブ ザ イヤー」などを各一名選出しています。

宿泊料金はどれくらいでしょうか?

最高級ホテルで最高級の1日を過ごしたい!でも、やはり宿泊料金は気になるところ。
客室は8段階に分かれており、最も高級なお部屋、「プレジデンシャルスイート」の通常価格が「\981,750-」となっています。
通常のお部屋「パークルーム」でも7万円台からの宿泊となっており宿泊価格も最上級ですね。
料金は時期・プランやキャンペーンなどによって変動があると思いますので正確には以下のページをご覧下さい。

【パークハイアット東京 宿泊プラン】
http://tokyo.park.hyatt.jp/ja/hotel/rooms.html


宿泊価格という意味でも最上級という印象もありますが、レストラン・サービス・全ての客室から東京の夜景を一望出来るパークハイアット東京は 超高級ホテルがひしめく東京にあっても間違いなく最上級のホテルという事が出来るでしょう。
この最上級のホテルで是非優雅な休日をお過ごしください。



関連Tags




合わせて読まれているコラム